HOME > プロフィール

代表挨拶

 日本には、世界でも例を見ないほどアマチュアオーケストラが多く、東京近辺だけでも数百の団体があるそうです。アマチュアオーケストラの成り立ちは様々ですが、同じ学校のOBOGが集まったもの、自治体の補助を受けているもの、会社のクラブ活動の延長線上にあるもの等なんらかの基盤のうえに作られているのが普通です。アンサンブル ディマンシュは、メンバー30数名の小さな室内オーケストラですが、何の基盤も持たず、お金はない、人が足りない、練習場がない、と無いないづくしで今まで40年間活動を続けてきました。年に2回の定期演奏会は既に78回を数え、ベートーヴェンの交響曲に至っては、第九を除いてすべて2回以上演奏会で取り上げました。また、「知られざる交響曲第1番」と称して、あまり演奏されることのないメンデルスゾーン、アリアーガ、カリンニコフ、グノー、ボロディン等の最初の交響曲を取り上げたこともあります。モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲はアンコールを含めると5回以上演奏しています(当HPに音源がありますのでお聴きください)。

当団のモットーは「アマチュアオーケストラだからこそできる最高の音楽を追究する」です。団員同士が意見を出し合い、一人ひとりがソリストのような気持ちで参加して、創造性のある音楽を築いていくことを目指しています。全員が良い音楽を作ろうとして積極的に取り組んでおり、演奏への情熱は熱いものがあると自負しています。

 本年2016年は、当団にとって大きな変革の年となりました。創立者であり指揮者でもあった山本誠一郎氏が勇退することになり、新しく指揮者として平川範幸氏を迎え、第79回演奏会から新生アンサンブル ディマンシュとして再スタートすることになりました。

私たちが最終的に目指しているのは「楽器で会話できるオーケストラ」です。少しずつでも目指すところに近づけるよう日々努力してまいりますので、是非演奏会に足をお運びになり、お客様ご自身でお確かめいただければ幸いです。

                                     2016年7月
                                     代表 山口 彰

プロフィール


 当団は、学習院大学や上智大学などの学生オーケストラの現役メンバーを中心にバッハを演奏する合奏団として1976年秋に結成され、翌年1月に第1回演奏会を開催しました。1978年1月の第2回演奏会では小編成の管弦楽団として再編成され、それ以降、年2回の定期演奏会を重ねてきました。40年も活動を続けている「アマチュアオーケストラの老舗」です。
 現在では、団員のほとんどが学生オーケストラの経験者であることに変わりありませんが、年代は20歳代から60歳代まで幅広く、出身大学も様々で、特定のカラーは薄れています。
 第1回演奏会から第78回演奏会まで、長きにわたり当団の創立者であり責任者でもあった山本誠一郎氏が指揮を務めてきましたが、同氏の勇退に伴い2016年に組織が再編され、新たに部外から指揮者を迎えて「新生ディマンシュ」として船出しました。
 「Dimanche (ディマンシュ)」はフランス語で「日曜日」のことですが、当団は「日曜日に集まって練習する合奏団」ということで「Ensemble Dimanche (アンサンブル ディマンシュ)」と名付けられました。実体は管弦楽団であるにも関わらず「アンサンブル(合奏団)」と名乗っているのは、結成時バッハを演奏する合奏団であった名残りですが、一人ひとりがソリストのような気持ちで音楽を表すという意味で継続して使用しています。

演奏曲目

左のメニューより御覧ください。

創立者、初代常任指揮者

山本誠一郎

東京都立戸山高等学校、学習院大学文学部国文学科卒業後、埼玉県の中学校教師となる。退職後は私塾を開設、引き続き教育に携わる。

高校時代、「山田一雄著、指揮の技法」を読んだのがきっかけで指揮に興味を持ち、大学に進学してからは、学習院大学輔仁会音楽部管弦楽団でフルートを吹くかたわら、3年生の時には学生指揮者を務める。
在学中に「アンサンブル ディマンシュ」を創立。以後、各大学オケ出身者に声をかけ、39年に及び指揮者として演奏活動を続ける。

2009年、「ピースフル・コンサート越谷」を立ち上げ、年1回のチャリティーコンサートを通じて、地域住民と共に「国境なき医師団」「東日本大震災復興」への支援を継続している。また、2013年には、陸前高田市のヴァイオリン・プロジェクト「千の音色でつなぐ絆」に参加し、震災復興支援を行う。
こういった活動の中から、ボランティア・福祉、子供たちへ支援、地元への協力にもっと力を尽くしたいという思いに至り、2016年、アンサンブル ディマンシュの指揮者を退任する。

▲ページトップに戻る