演奏会情報


第81回演奏会のお知らせ



オール ブラームス プログラム
*日時 : 2017年9月23日(土) 14時開演
*場所 : タワーホール船堀 大ホール
*曲目 : ハンガリー舞曲第1番 ト短調
*曲目 : ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
       独奏:戸澤哲夫
(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター)
*曲目 : 交響曲第2番 ニ長調 op.73

       指揮:平川 範幸




先着20名様に招待券を差し上げます。
招待券お申込み・チケットに関するお問合せは広報担当

次回以降の演奏会については演奏会のお知らせ

今回の聴きどころ


◇オール・ブラームス・プログラム
 1976年1月、バッハの作品を集めた演奏会で衝撃的デビューを果たした当団ですが、一人の作曲家に特化した演奏会は40年/80回の歴史の中でも意外に少なく、ほかには第2回(1977)と第24回(1989)にモーツァルト、第38回(1996)にシューマンを取り上げた演奏会があるのみです。
 今年(2017年)は、強いて言うなら、ブラームスの没後120年という節目に当たります。そこでブラームスの作品ばかりを集めた演奏会とし、特に彼が円熟期に向かう40代前半(1873−1878年)に書かれた傑作をピックアップしました。

◇小編成で演奏する交響曲第2番
 ブラームスの交響曲は、その重厚なオーケストレーション故、現代では弦楽器総勢60人を超える大編成で演奏されることが多いですが、ブラームス自身は、弦楽器群が木管楽器のソロを埋もれさせないよう、弦楽器総勢30人程度の小編成で演奏されることを望んでいたようです。特に交響曲第2番は、ベートーヴェンになぞらえて「ブラームスの田園交響曲」と称されることもある牧歌的な曲で、小編成でも効果が出るように書かれています。当団では、1994年2月の第34回演奏会で取り上げており、23年ぶりの再演となります。ブラームスの希望どおり小編成の利を活かした演奏をお楽しみください。

◇師弟共演のヴァイオリン協奏曲
 今回の目玉は、何と言っても、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(シティ・フィル)コンサートマスター戸澤哲夫氏をソリストに迎えてのヴァイオリン協奏曲でしょう。同氏とは、2009年9月、第65回演奏会でベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏しましたが、それ以来8年ぶりの共演となります。
 指揮の平川範幸氏は、2013〜14年度シティ・フィルの指揮研究員でした。そのとき指揮者の方々から多くを学びましたが、同時に、コンサートマスターである戸澤氏の音楽に対する姿勢に多大なる影響を受け、氏の助言と指導は今の音楽人生の礎となっているそうです。いわば恩師である戸澤氏とは、指揮者とソリストという立場では今回が初共演で、そんな師弟関係にある二人がどのような協奏曲を創り上げるかが見ものです。実は、昨年、指揮者の勇退に伴って新しい指揮者を探していた当団のメンバーが戸澤氏に相談したところ、有望な若手指揮者として紹介していただいたのが平川氏だったのです。つまり当団が平川氏の棒の下で演奏会を開催できるのは、ひとえに戸澤氏のお陰なのです。
 そんな因縁のあるソリスト・指揮者・オーケストラ、その三者が “協演” する協奏曲、これは聞き逃せませんね。

ソリスト紹介

戸澤 哲夫
 東京藝術大学を経て、同大学院修士課程を修了。この間、読売新聞社主催新人演奏会に出演。
 大学院在学中の1995年より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターの任にあり、テレビ朝日「題名のない音楽会」でも馴染みの顔となっている。
 1994年アルベリ弦楽四重奏団を結成、ベートーヴェンの室内楽作品全曲演奏に7年越しで取り組む。1996年には安田弦楽四重奏団に加わり、ペーター・シュミードル氏等共演者も数多い。
 各地でのリサイタル活動に加えてオーケストラとの共演も数多く、これまでに東京シティ・フィルをはじめ、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団などと共演を重ねている。
 1998年より1年間ドイツ・ベルリンに留学、ライナー・クスマウル氏のもとで研鑽を積む。
 2001年にメンバーとなったモルゴーア・クァルテットでは、「1夜でのショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲15曲全曲演奏会」という大胆な試みや、プログレ名曲をカバーしたアルバム「21世紀の精神正常者たち」、「原子心母の危機」に続き「トリビュートロジー」を今年3月に発売、前2作と同様Amazonヒットチャート1位を獲得するなど、斬新な切り口での活動が大きな反響を呼び、2010 年度アリオン賞、2015年第14回佐川吉男賞奨励賞を受賞。
 国立音楽大学及び日本大学藝術学部非常勤講師、マエストローラ音楽院講師。

指揮者紹介

平川 範幸
1987年福岡県出身。
福岡教育大学音楽科卒業。
上野学園大学研究生〈指揮専門〉にて下野竜也、大河内雅彦の各氏に師事。桐朋学園大学オープンカレッジにて、黒岩英臣氏に師事。また、パーヴォ・ヤルヴィ、沼尻竜典の各氏の指揮講習会を受講。
これまでに、音楽理論を中原達彦氏に、ピアノを田中美江氏に師事。
2012年度、新日鉄住金文化財団指揮研究員として、紀尾井シンフォニエッタ東京の下で活動する。
2013年度より2年間、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団指揮研究員として、宮本文昭、飯守泰次郎の各氏の下で研鑽を積む。
これまでに、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪交響楽団、浜松フィルハーモニー管弦楽団などのプロ・オーケストラを指揮する。
また、各地のジュニアオーケストラや学生オーケストラ、吹奏楽団、合唱団を指揮する。
2016年度より、仙台ジュニアオーケストラ音楽監督を務める。

楽団紹介


アマチュアだからこそ出来る音楽を求めて40年
アンサンブル ディマンシュは楽器で会話できるオーケストラをめざしています


コンセプト

当団のモットーは、「アマチュアオーケストラだからこそできる最高の音楽を追究する」です。上意下達ではなく、団員同士が意見を言い合い、一人ひとりがソリストのような気持ちで演奏に参加して、創造性のある音楽を築いていくことを目指しています。


演奏

 ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」序曲(2016年2月)
 ベートーフェン交響曲第3番「エロイカ」第1楽章(2012年2月)
 モーツァルト「フィガロの結婚」序曲(2011年2月)


最新情報&更新情報

2017.06.10 第81回演奏会のお知らせ、練習日程他を更新しました
2017.04.15 第82回演奏会のお知らせを更新しました
2017.03.03 第81回演奏会の練習日程、第82回演奏会の日時を掲載しました
2016.11.15 メンバー専用ページに練習録音を追加しました
2016.09.25 第80回演奏会のお知らせを掲載しました
2016.07.01 ホームページをリニューアルしました


お問い合わせ


ご注意
当団は、アンサンブル・ディマンシュ香港、オーケストラ・ディマンシュ、
アンサンブル・ディマンシュ(前橋市)、アンサンブル・ディマンシュ(高槻市)、
アンサンブル ディマンシュ(兵庫県の弦楽四重奏団)等とは別の団体です。

▲ページトップに戻る